ひげ蔵、そして、しろん。天国へ旅立ちました。

みなさまこんにちわm(_ _)m

先日のブログにて報告させていただいた
「ひげ蔵」ですが、先日の11月27日に、亡くなりました。

前回お知らせしてから、ひげ蔵の食欲は少しずつ戻っていました。

イケメンのポスターに見つめられながら、
介護用の流動食を食べさせてもらっているひげ蔵♪

しかし、すでにガリガリの状態のひげ蔵。。

獣医が処置を続けていたため、何とか命を繋いでいる状態でした。

ひげ蔵の危篤状態を以前に勤めていたスタッフに連絡したところ、
遠方からわざわざ会いに来てくれました(^_^)

ひげ蔵も、懐かしの獣医やスタッフの声がわかるのか、
呼びかけるとかすれた声で反応してくれました⭐️

みんなから元気をもらって、ちょっとずつ回復していったひげ蔵。

しかし、みんなの願いはかなわず、
11月27日の朝方に亡くなりました。

亡くなる前日も、スタッフの手からご飯をもらい、
たくさん食べてくれました。

お腹いっぱいで眠ってくれたことが、
せめてもの幸いでした。

寝たきりの状態になっても、
生きる力を失わなかったひげ蔵。。

たくさんのお花たちに囲まれ、そして、
ずっと見守ってくれていたポスターも一緒に入れてあげました。

子猫の時に保護されて、その一生を当協会で過ごしたひげ蔵。

20年間、お疲れさまでした。

そして、さらに悲しいお知らせがあります。

当協会で保護されていた「しろん」も、
先日の11月25日の朝に亡くなりました。

しろんは、もと野良猫(去勢手術済みの地域猫)でしたが、交通事故に遭い
骨盤骨折の治療のため今年の6月に当協会で保護されました。

骨盤骨折の治療も順調で、部屋を自由に歩き回り、
高いところへの上り下りもできるようになって、
ほかの猫たちと一緒にのんびり暮らしていました(=‘x‘=)

おっとりした性格だったため、
人からも猫からも好かれていたしろん♥

ほかの猫たちとくっついて寝ている姿がよく見られました(n‘∀‘)η

しかし、2週間ほど前から食欲が落ち始め、
元気もなく体調が悪くなってきたので、
獣医による診察や検査が行われました。

精密な検査を行ったところ、
FIP(猫伝染性腹膜炎)ということがわかりました。

既に、しろんには痙攣や発作が生じており、
症状が進行している段階でした。

FIPは現在でも有効な治療法がない病気であり、
さらに致死率が高い病気であるため、
症状を緩和する薬の投与を行うしかありませんでした。

ゴハンが大好きで、お皿を持っていくと鳴いて待っていた
しろんでしたが、もう食欲はほとんどなくなり、寝たきりの状態が続きました。

獣医や看護師が付き添ってしろんの様子を見ていましたが、
薬によって発作や痙攣の頻度は少なくなったものの、
やはり回復することはなく、11月25日の朝に、息を引き取りました。

まだ1才という若さですが、天国へと旅立ってしまいました。

当協会で亡くなった動物たちは、
一頭一頭、火葬をお願いしています。

みんなでお花を添えて、お別れをします。

しろん、ひげ蔵と、訃報が続きました。

譲渡されることなく、20年間、
腎不全を抱えながら天寿を全うしたひげ蔵。

まだ1歳で、譲渡の希望もあったかもしれない、
不治の病によってこの世を旅立ったしろん。

どちらも、悲しい運命となってしまい、残念です。

ありがとう、ひげ蔵

ごめんね、しろん

 

秋の紅葉、ペロとチノンのシャンプー(U´ω`U)

みなさまこんにちわヽ(*´∀`)

早速ですが、秋っぽさを感じさせる杏仁(あんにん)の写真です☆

もう秋を通り越して、冬のような寒さになっておりますが…((´д`))
今回は秋っぽい写真と、シャンプー風景をご紹介します★

当協会では、スタッフや看護師が、
犬たちのシャンプーを行っておりますヽ(・∀・)ノ

↑↑
シャンプーされていたのはチワワのペロです(・u・o)

特に皮膚などの健康状態に問題なければ、
月一回のペースで犬たちを順番にシャンプーしていきます★

シャンプーを洗い流したら、お次はドライヤーですヽ(´▽`)

まんざらでもない表情のペロ♪

シャンプーが終わってさっぱり綺麗になりました!
でも、舌は出たままです(´・ω・`)

さて、この日は時間に余裕があったので、
マルチーズMIXのチノンもシャンプーしました☆

長毛の犬種だと、水に濡れると別の犬に見えますねΣ(・ω・;|||

シャンプーしている間はおとなしいチノン♥

シャンプーが終わって、ドライヤーで乾かしております★

トリミングの経験があるスタッフもいるため、
ブラッシングやカット等もできる範囲で自分たちでやっております(´▽`)/

シャンプーが終わって綺麗になったふたり(^ε^)-♥
仲良くツーショット★

シャンプー後に、お散歩に行きましたヽ(*´∀`)ノ

身も心もスッキリ爽やかで、いつもより楽しそう★?!

近くの公園も紅葉で色づいていて、とても秋らしくなりました♪

季節の移り変わりを感じれるのが嬉しい半面、
それだけ長い間、里親希望の方が現れていないということ…

チノンが保護されてもう半年近くが経過しました。

ここでちょっとチノンの昔話を…(U´Д`)

~ ~ ~ ~ ~
チノンが初めて当協会に診察に来たとき(5月ごろ)の写真がこちら
↓↓
毛むくじゃらの、まさにモップのような状態でした(°д°)

チノンは、もともと家族で飼育されており、
奥さんに可愛がられ世話をされていましたが、
ある日、離婚して奥さんが家を出ていってしまいました。

トリミングや病院なども奥さんが連れて行っていたため、
離婚してからチノンはシャンプーや診察に連れて行かれることもなく、
放置されている状態でした。

旦那さんの方も、子供たちの面倒を見る必要があり、
また子供が犬のアレルギーの症状が出始めたこともあったため、
なかなかチノンに構ってやることもできず、
そうしている間に、チノンがこのような毛むくじゃらとなり、
ようやく旦那さんが困り果てて、当協会に保護の相談をしてきました。


とりあえず、二人ががりでバリカンを使って、
モジャモジャに絡まった毛をひたすら刈り取りましたヽ(;▽;)

そうこうして2時間近く、毛刈りを続けた結果…

でーん!
なんということでしょう♪
あのモップのような生き物が、マルチーズへと変身しました★

顔周りもスッキリヽ(*´∀`)ノ

↑↑
これだけの量の毛を刈り取りました!

この毛だけで犬がもう一匹作れるくらいの量ですねΣ(゚д゚lll)

”動物虐待”と聞くと、動物に対して石を投げたり、
叩いたりという、直接傷つけることが頭に浮かぶと思いますが、

こういったトリミングせずに放置していたり、
エサや水を与えない、散歩や世話を怠るなどの、
そういった状態を「ネグレクト(飼育怠慢)」と呼び、
これも動物の虐待にあたるとされております。

動物を飼うからには、最期まで面倒を見ることはもちろん、
その動物に幸せな暮らしを提供してあげること。

そんな当たり前に思えることが、
本当に当たり前になる世の中になってほしいですね…★
~ ~ ~ ~ ~


杏仁とタピオカも合流して、4匹でハイチーズ☆彡

皮膚の治療が必要なため、週1、2回のペースで
シャンプーをしております♪

チノンやペロ、杏仁たちも、様々な経緯で保護されましたが、
そんな逆境を乗り越え、みんな新しい幸せの道を目指しております★

今後とも、応援をよろしくお願いしますm(_ _)m

夜は急に冷え込むこともありますので、
みなさんも体調を崩さないようにお気をつけてお過ごしください(▽・w・▽)

 

「ノネコ」シンポジウム開催▲12/10 神奈川大学▼

みなまさこんにちわ(^^♪

いっきに寒くなりましたね(((´゚ω゚`)))
人も動物も、体調を崩さないように、
気をつけてお過ごしください★

さて、皆様は、ノネコやノイヌと呼ばれ野生動物に区分されている犬猫がいることをご存知でしょうか?
そして、今、特に「ノネコ」が島嶼で希少種などの野生鳥獣を捕食することが問題視されています。

ノネコは元々、人間のペットだった猫たちです。

人が持ち込んだ猫たち…
島でしか暮らせない鳥たち…
どうしたらより良く命を守れるでしょうか。

そこで、12月10日(日)に、神奈川大学横浜キャンパスにて、
当協会主催で「ノネコ」をテーマにしたシンポジウムを開催いたします。

《内容》
【講演】
◎岡奈理子先生(山階鳥類研究所フェロー)[13:00~14:00]
「伊豆諸島・御蔵島の待ったなしのネコ問題
~東アジア固有海鳥オオミズナギドリの世界最大繁殖地の現状とネコ対策~」

◎小島望先生(川口短期大学教授)[14:00~15:00]
「ヤンバルクイナ保護とノネコ問題」

【パネルディスカッション】 [15:10~17:00]
ディスカッションに時間を取り、問題解決にむけた議論を予定

《会場》
神奈川大学横浜キャンパス1号館308会議室
(横浜市神奈川区六角橋3-27-1)

《定員》
100名

《参加費》
1,000円(資料代含・会場にて)

ご来場には、事前の予約が必要です。
下記のお申込みフォームにてご予約くださいm(__)m
↓↓
【ノネコシンポジウムお申し込みフォームはこちら】

都会に住む私たちにとっては「ノネコ」の問題は実感がなく、
自分たちに身近ではないため、どこか遠くの話のように思えてしまいます。
しかし、この問題は決して私たちに無関係な話ではありません。

このシンポジウムを通して野生動物の現状、そしてノネコの問題について知り、どうすれば、双方のいのちを守ることができるのか、一緒に考えていただきたいと思います。

多くの方のご参加をお待ちしております★