病院コラム~フィラリア症・猫~

皆さん、こんにちは!

梅雨も明けて毎日暑いですね。

そして、各地で大雨となりましたが、被災された方々ならびにそのご家族の皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

さて、久しぶりの更新となってしまいました・・

久々の病院コラム、前回は犬のフィラリア症について書かせていただきましたが、今回は猫についてです。

猫にフィラリア症ってあるんだ!?と思われる方も多いのではないでしょうか?

犬のフィラリア症に比べ知名度は低いですが、データによると感染率は2~3%と言われています。

2~3%(100匹の猫のうち2~3匹がかかる)の確率って、私的には結構高いように感じましたが、皆さんはどう感じられますか?

 

☆どんな症状?

→発症すると重篤な呼吸器症状や突然死につながると言われてます。
猫の突然死の1/3はフィラリア症というデータもあります。

☆予防法は?

→蚊によって媒介される感染症ですので、蚊が出始めて1ヶ月後~蚊がいなくなって1ヶ月後まで毎月一回薬を投与します。

☆どんな薬がある?

●レボリューション・・フィラリア症予防以外に、ノミ、ミミダニ、カイセン、回虫駆除可能
※マダニには効きません

●ブロードライン・・フィラリア症予防以外に、ノミ、マダニ、鉤虫、鞭虫、回虫、瓜実条虫駆除可能

当院での価格表はこちら

※上記2種は外用薬(塗布するタイプ)です。

●カルドメックチュアブル・・フィラリア、回虫、おやつタイプの飲み薬
※当院には取り置きがないため、注文品(6回分1箱単位で処方)となりますので、ご相談下さい。

 

皆様、フィラリア症に対してのお考え変わりませんか?

私は、ノミ予防と一緒に予防出来るならついでにやりたいと思っています。

これから夏本番ですが、皆様お身体にお気をつけてお過ごし下さい!!

 

《神奈川県動物愛護協会附属動物病院》

受付時間 / 9001200  診療時間 / 930  

*一般外来診療の受付時間です*

予約診療日 / 金曜日・日曜日

TEL045-421-5592

詳細はこちら

Share on Facebook