夏シーズンのノミ・ダニ予防はお忘れなく!

みなさまこんにちわ(=^・ェ・^=)

ニュースで『マダニ』が話題となっておりますが、
今日は、犬や猫のノミ・ダニ予防について投稿します!

犬や猫を飼っているみなさん、暖かくなってきましたが、
きちんとノミ・ダニの予防はされていますか?
ダニやノミは春から秋にかけて予防が必要とされています。
とくに、夏はノミの活動がピークになるので、必ず予防が必要な時期です!
(冬でも気温が13℃を超えると繁殖しますので、要注意!)

ノミやダニは小さな体のため、「大した病気にはならないだろう」や、
「そんなにしっかり予防する必要あるの?」って思われるかもしれませんが、
油断すれば大きな被害になってしまいます。

ノミが寄生した場合、吸血による貧血や激しいかゆみ、
さらにはアレルギー性皮膚炎やなどへと発展します。

発症してしまうと、治療は時間もかかり難しいくなるので、
何よりも大事なのは『ノミ・ダニに寄生されないこと』、
つまり、『予防をしっかりしましょう』ということです٩( ‘ω’ )و

なお、ホームセンターなどで販売されている市販のノミ・ダニ予防薬だと、
あまり効果がないものや、成分が異なる場合がありますので、
きちんと動物病院へ診察に行って処方してもらいましょう

また、ノミ・ダニ予防薬にはいくつか種類があり、
・マダニには効かないタイプ
・幼虫や卵には効かないタイプ
・皮膚に滴下するのではなく、飲み薬として食べさせるタイプ
・フィラリア症の予防もできるタイプ

など、ノミ・ダニ予防といっても、様々な種類があり、
そして値段も幅が広くなっております。

ペットの体重によって投薬量も異なるので、
動物病院で獣医さんに診察してもらいながら、
どのタイプの予防薬にするか説明を受けましょう( ´▽`)

ノミやマダニは動物だけでなく、人に対しての感染や被害もあるため、
みんなのためにも、しっかり忘れず予防しましょう!

また、当協会の動物病院では、飼い主のいない動物(ノラ猫など)
の診察および薬の処方も行なっております(=‘x‘=)

診察に連れてくることができ、薬も投与できるノラ猫というのは少ないですが、
少しずつでもそういった動物たちにも病気やノミダニの予防ができ、
ちょっとでも豊かな暮らしになってもらえればと思います★

もしそういったノラ猫などの診察や治療についてご相談がありましたら、
当協会までご連絡くださいm(_ _)m

【 診療時間】
 通常診療日: 月・火・水・木・土  受付開始9:00 診療9:30~12:00
予約診療日: 金・日        お電話にてご予約ください。

 病院についての詳細は、こちらのHPをご覧下さい。

↓↓当協会の保護猫『ノラボルタ』(通称:ボル・♂・11才・元ノラ猫)IMG_0499※写真は今回の記事とはあまり関係ありませんが、
ボルがくつろいでいる姿をどうぞご覧下さい( ^ω^)_♪

Share on Facebook