正式譲渡決定★風見(かざみ)&お幸(こう)&小次郎(こじろう)

みなさまこんにちは☼

春らしい気候になってきましたが、
花粉症の方には苦しい季節になってきましたね(´∀`)

さて、報告が遅くなってしましましたが、
正式譲渡の報告をさせていただきます!

①風見(かざみ):♂:ポメラニアン:2才
IMG_0180トライアルをしていた風見ですが、
先日、正式譲渡が決定しました!

IMG_1319昨年の11月に同居犬のチワワと一緒に保護され、
当時の人気ドラマだった『逃げ恥』から名前をつけました★

チワワの平匡(ひらまさ)と風見は大の仲良し♪
しかし、平匡は1月に譲渡が決定し、
風見には里親希望の方がしばらく現れませんでした。

IMG_0287以前のブログにも紹介したように、
風見は知らない犬に対して激しく興奮ながら
吠えてしまう性格でした。

トレーニングは継続していましたが、
少しずつ落ち着きを取り戻すようにはなったものの、
やはり散歩中に知らない犬に出くわすと、
激しく吠えてしまいました。

IMG_0190しかし、人に対してはとっても愛嬌たっぷりで、
特に抱っこされるときはたまらない表情をしてくれます♥

そして1月末に、風見の里親希望の方が見学に来て下さりました★

すでに先住犬のポメラニアンがいるご家族でしたが、
風見が犬に吠えてしまうことの説明などを聞いてくださった上で、
先住犬を連れて来訪してくださりました。

実際に風見が吠えている場面を見た上で、
里親さんは風見のトライアルを受けて下さりました。P1440369先住犬のポメラニアンとはすぐに仲良くなったそうですが、
やはり散歩中の知らない犬に対しての吠えはおさまらず、
今でも手を焼いているそうです。

しかし、里親さんの方で工夫をしながら、
少しずつ改善をしていくと言ってくれました(´∀`)

そして先日、家族として迎え入れることを決めて下さり、
ついに正式譲渡が決定しました!

風見、お幸せに(´∀`)★

②お幸(こう):♀:茶白:4才_MG_2179綺麗な毛色と顔立ちをしている美人猫のお幸さん♥

飼い主が亡くなったため、
2015年8月に保護されました。

DSC_0301少しシャイな性格のため、
人が近づくと物陰に隠れてしまうお幸さんでした(´・ω・`)

物陰からちらっと覗く姿も愛くるしいものです♥

_DSC2586しかし慣れてくれれば、自分から近寄って
触って欲しそうにアピールをしてきます♪

そして1月、成猫の里親希望の方が見学に来て下さり、
その中でお幸を選んでくださりました(´∀`)

IMG_0048やはりお幸はシャイな性格のため、しばらくは固まったまま
動かず、ケージから出て来ようとしませんでした。

里親さんも心配をしていましたが、
少しずつお幸も慣れてきてくれたようで、
自分からも近寄ってくるようになったそうです。
そしてトライアルも終了し、2月に正式譲渡が決定しました!

お幸さん、お幸せに(´∀`)★

③小次郎(こじろう):♂:茶トラ:2才
A3秋12017年のカレンダーの表紙にもなった小次郎も正式譲渡が決定しました!

DSC_7778小次郎は2014年に子猫の時に保護されました。

とても人懐こい性格で、見学に訪れた人に対して
おかまいなしにスリスリしてくるほどのアピール上手でした★

しかし、環境の変化には弱いようで、
里親会などに連れて行くと体調を崩すこともあったため、
なかなか里親さんが決まらないままでいました。

2015-03-04 10.03.47同じ部屋にいるマッコリ(左)とは仲良しで、
いつも一緒に丸くなって寝ていましたヽ(´▽`)/

猫とも仲良くなれる小次郎でしたが、
何度か血尿が出たり、尿路結石になりかけたりと、
尿路疾患が疑われていました。

そんな中、里親希望の方が小次郎の見学に訪れてくださりました★

里親希望さんに対して小次郎は猛アピール♥
ゴロゴロしたり抱っこしてもらったり、
とっても可愛がってもらい、
見事に里親さんのハートを射止めましたヽ(*´∀`)ノ

しかし、いざトライアルがスタートして
里親さん宅にお届けに行くと、
P1440365ケージから全く出てこようとしない小次郎(´・ω・`)

やはり、初めての場所だと緊張するようで、
見学に来た時ときとは別の猫のようです。
まさに「借りてきた猫」状態です(=ΦエΦ=)

しかし、里親さんは長い目で見てくださるそうで、
少しずつ慣れてくれるようにゆっくり一緒に暮らすと
言ってくださり、正式譲渡が決定しました。

尿の検査なども定期的に病院へ行ってくれるらしく、
またワクチンなどは当会の病院まで来てくれるそうです♥

小次郎、お幸せに(´∀`)★

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

今回、譲渡が決定した3匹はどれもトライアル中に
少し心配になってしまうことがありましたが、
なんとか正式譲渡が決定しました。

動物を飼うということは簡単なことではありません。
人間にも一人一人に個性があるように、
動物にも一頭一頭に個性があります。

「思っていたのと違った。」
「こんなに大変だとは思わなかった。」

トライアル中にどうしてもダメだったというケースもありますが、
反対に、「それでも」と言ってその子を受け入れて下さり、
家族として迎え入れてくれる方もいます。

トライアルは、飼い主さんと動物のお互いが
どうやったら幸せに近づけるかを考えるための準備期間です。

無理して飼い続けて、後々になって”手放す”ということが
動物にとっても最悪の結末です。

飼い主が幸せでないのなら、その動物も幸せになれません。

人も動物も幸せになるには時間がかかるかもしれませんが、
少しずつでも、お互いが幸せになる道を目指したいですね★

みなさまも、今後とも応援お願いいたしますm(_ _)m

Share on Facebook