悲しいお知らせ。『もーちゃん』

みなさまこんにちわ。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

ご報告が遅くなってしまいましたが、
先週の日曜日に、当会で保護しているダックスフント
『もーちゃん』が亡くなりました。

IMG_1652もーちゃんは16才という超高齢犬のダックスフントで、
飼い主さんが、高齢で入院したために手放すことになり、
今年の4月に保護されました。

dscf610216歳という超高齢のため、やはり年相応に体力も衰えており、
日中はずっと毛布で丸まって眠っていることが多かったです。

しかし、お散歩に連れ出すとゆっくりと歩き出し、
周囲をウロウロして匂いを嗅いだり、散策をしていました(´∀`)

亡くなる数日前も、カートに乗せて公園まで連れて行き、
広場で遊ばせました。

_mg_0253カートの中でも毛布にくるまっているもーちゃん♥

_mg_0257ゆらりゆられて、近くの公園まで♪
他の犬たちも一緒に連れて行きました!

_mg_0278公園に着くなり、さっそくもーちゃんの探索が始まりましたヽ(・∀・)

一緒に来たまさじいにしつこく近づかれるも、気にしない様子★
高齢になっても、やっぱりお散歩は楽しいものなんですね♪

しかし、先週あたりからもーちゃんの食欲が低下していき、
また便の調子も悪くなったことから、
当会の病院施設の方で治療がはじまりました。

img_7243意識もはっきりしない状況になってきたため、
入院となり、点滴や獣医さんによる処置が行われました。

一時的には意識が戻ってきたものの、
やはりそれ以上は回復することはできず、
10月30日に亡くなりました。

img_7288当会で保護されて亡くなった動物は、一頭一頭、
火葬をお願いしてお骨にしています。

img_7286本当に、眠ったような姿のため、声をかければ
起きてくるんじゃないかと思ってしまうほど。

お花や、もーちゃんが好きだった缶詰フードで似顔絵を作った
ものを一緒に入れさせていただきました。

譲渡という形ではなく、こういった形でのお別れになってしまい、
とても残念です。
でも、短い間でしたが、当会のスタッフやボランティアさんたちにも
かわいがってもらい、幸せな時間を過ごすことができました。
もーちゃんも、そんな風に思ってくれてたらいいなぁ。

もーちゃん、天国でいっぱい走り回るんだぞ!
dscf5889

Share on Facebook