保護犬の紹介『杏仁(あんにん)』

みなさまこんにちわ(;・∀・)

梅雨に入り、お天気が不安定ですね~。。

さて、今日は新しい保護犬の紹介です!

成犬:杏仁(あんにん)
IMG_8631名前:杏仁(あんにん)
性別:♀(不妊手術:6月実施予定)
生年月日:2010年生まれ(約7歳)
犬種:シーズー(茶白)
体重:6.1キロ(6月現在)
混合ワクチン・狂犬病ワクチン済 フィラリア陰性

IMG_1527杏仁は、以前紹介した「タピオカ」(写真左)の母親犬です(*´ω`)
(タピオカの紹介記事は、こちらから)

杏仁とタピオカは昨年の12月には当協会の施設にて
保護されていましたが、二匹ともニキビダニによって
皮膚の状態がとても悪く、隔離しながら治療を行っていました。

_MG_1193保護された直後の杏仁の様子。
タピオカとは違い、毛は生えているものの、
ニキビダニに寄生され皮膚が赤くなっている状態でした。

DSCF9789手放した飼い主さんによれば、
昔から皮膚の状態は悪かったものの、
世話や手入れをしていた奥さんが昨年に亡くなり、
それ以降は全く自分では犬の世話ができず、
このような状態になってしまったと話していました。

DSCF9781↑↑
ちなみに、保護当初のタピオカさん。
これと比べれば、今はだいぶ毛が生えてきたなぁと思います(;・∀・)

_MG_1202獣医や看護師さんによって、毛刈りと駆虫剤と薬用のシャンプーをされました。

その後も、週に1~2回のペースでシャンプーは継続しております。

タピオカの方が先にニキビダニが完治しましたが、
毛が生えるまで時間がかかっており、
反対に、杏仁は毛は生えているものの、
ニキビダニの駆除に時間がかかりました。

IMG_1263↑↑
最近シャンプー&毛刈りされたときの杏仁さん。
だいぶ、皮膚の色が戻ってきました(^^♪

しかし、
ニキビダニはほとんど落ちてきたものの、
今後も定期的なシャンプーや皮膚の手入れも必要で、
また、甲状腺の機能が低下しているため、
投薬なども継続する必要があるそうです。

IMG_2737↑↑
目の周りの毛のカットをされている杏仁さん(*´ω`*)
シャンプーもトリミングも、大人しくしてくれます♥

まだかゆみがあるため、自分の足でかきむしりすぎないように、
服を着させており、人が見れないときはエリザベスカラーも装着しています。
いつもおしゃれな服を選んでもらっている杏仁さん★

_MG_2767タピオカと同じく、目の状態も良くないため、
目ヤニの手入れや点眼薬も必要になっております。

スタッフはこうして小まめに動物たちの手入れをしながら、
皮膚や健康状態のチェックを行っております。

もし異常が見られたら、獣医に診察してもらいます(‘ω’)ノ

_MG_2769ついでに口の中もチェック!

…少し口の中が腫れているようなので、
後ほど獣医に診察してもらいましたm(__)m

IMG_1472タピオカ同様、温厚な性格で、犬や人に対しても警戒することもなく、
人が近づくと自分から近寄ってきてくれます(*´ω`*)

譲渡会などにはしばらくは参加できないので、
もし気になる方がいましたら、
当協会まで直接お越しいただければと思います。
(なお、施設訪問には事前の連絡が必要なります。ご了承ください。)

IMG_1474

 

カメラにも自分から近づいてきてくれるサービス精神♥

愛嬌たっぷりの杏仁さんに、ぜひ会いに来てくださいね(*´ω`*)

杏仁やタピオカだけではありませんが、こうした病気と向き合わなければならない動物たちも、新しく家族として迎え入れてくださる里親さんを募集しております。

継続した投薬や手入れなども必要で、治療費などもかかってきますが、
「それでも構わない」と受け入れてくださるご家族が
少しずつでも増えてくださることを願っております★

里親になるためには、いくつか条件がございますので、
あらかじめHPなどで里親になるための条件をご確認の上、
当協会の方へご連絡をくださればと思います。

Share on Facebook