ひげ蔵、そして、しろん。天国へ旅立ちました。

みなさまこんにちわm(_ _)m

先日のブログにて報告させていただいた
「ひげ蔵」ですが、先日の11月27日に、亡くなりました。

前回お知らせしてから、ひげ蔵の食欲は少しずつ戻っていました。

イケメンのポスターに見つめられながら、
介護用の流動食を食べさせてもらっているひげ蔵♪

しかし、すでにガリガリの状態のひげ蔵。。

獣医が処置を続けていたため、何とか命を繋いでいる状態でした。

ひげ蔵の危篤状態を以前に勤めていたスタッフに連絡したところ、
遠方からわざわざ会いに来てくれました(^_^)

ひげ蔵も、懐かしの獣医やスタッフの声がわかるのか、
呼びかけるとかすれた声で反応してくれました⭐️

みんなから元気をもらって、ちょっとずつ回復していったひげ蔵。

しかし、みんなの願いはかなわず、
11月27日の朝方に亡くなりました。

亡くなる前日も、スタッフの手からご飯をもらい、
たくさん食べてくれました。

お腹いっぱいで眠ってくれたことが、
せめてもの幸いでした。

寝たきりの状態になっても、
生きる力を失わなかったひげ蔵。。

たくさんのお花たちに囲まれ、そして、
ずっと見守ってくれていたポスターも一緒に入れてあげました。

子猫の時に保護されて、その一生を当協会で過ごしたひげ蔵。

20年間、お疲れさまでした。

そして、さらに悲しいお知らせがあります。

当協会で保護されていた「しろん」も、
先日の11月25日の朝に亡くなりました。

しろんは、もと野良猫(去勢手術済みの地域猫)でしたが、交通事故に遭い
骨盤骨折の治療のため今年の6月に当協会で保護されました。

骨盤骨折の治療も順調で、部屋を自由に歩き回り、
高いところへの上り下りもできるようになって、
ほかの猫たちと一緒にのんびり暮らしていました(=‘x‘=)

おっとりした性格だったため、
人からも猫からも好かれていたしろん♥

ほかの猫たちとくっついて寝ている姿がよく見られました(n‘∀‘)η

しかし、2週間ほど前から食欲が落ち始め、
元気もなく体調が悪くなってきたので、
獣医による診察や検査が行われました。

精密な検査を行ったところ、
FIP(猫伝染性腹膜炎)ということがわかりました。

既に、しろんには痙攣や発作が生じており、
症状が進行している段階でした。

FIPは現在でも有効な治療法がない病気であり、
さらに致死率が高い病気であるため、
症状を緩和する薬の投与を行うしかありませんでした。

ゴハンが大好きで、お皿を持っていくと鳴いて待っていた
しろんでしたが、もう食欲はほとんどなくなり、寝たきりの状態が続きました。

獣医や看護師が付き添ってしろんの様子を見ていましたが、
薬によって発作や痙攣の頻度は少なくなったものの、
やはり回復することはなく、11月25日の朝に、息を引き取りました。

まだ1才という若さですが、天国へと旅立ってしまいました。

当協会で亡くなった動物たちは、
一頭一頭、火葬をお願いしています。

みんなでお花を添えて、お別れをします。

しろん、ひげ蔵と、訃報が続きました。

譲渡されることなく、20年間、
腎不全を抱えながら天寿を全うしたひげ蔵。

まだ1歳で、譲渡の希望もあったかもしれない、
不治の病によってこの世を旅立ったしろん。

どちらも、悲しい運命となってしまい、残念です。

ありがとう、ひげ蔵

ごめんね、しろん

 

Share on Facebook