『あずき』が天国へ旅立ちました。

みなさま、いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

タイトルにあるように、当協会で保護されていた
『あずき』(21才)が、5月15日に老衰のため亡くなりました。

DSC_4261

あずきは平成11年(1999年)に交通事故に遭ったノラ猫として、
当協会の病院へと運び込まれました。

推定3歳くらいのオス猫でしたが
治療を行い一命はとりとめたものの、
事故の後遺症で自力での排泄ができなくなり、
そのまま当協会で保護されることになりました。

DSCF1238

その他に大きな後遺症などはありませんでしたが、
やはり自力での排泄が難しく、
定期的にスタッフや獣医が圧迫して排泄の補助を行いました。
DSC_2606
↑↑圧迫排尿されているあずき。する方もされる方も慣れたもの(=゚ω゚)ノ

あずきは休憩室で飼育され、自由きままに歩き回っていました。
休憩室にいた他の猫たちとは仲良しで、
他の成猫たちとのんびり暮らしていました(*´ω`)

DSC_1069
↑↑赤い服を着ているのが「あずき」

高齢の割には内臓などの健康状態も問題ありませんでしたが、
以前にはカリウムが高くなり、生死の境を彷徨ったこともありましたが、
不死鳥のごとく、あずきは復活をしていきました(*´Д`)

しかし、2014年の秋ごろから、圧迫での排泄も困難になってきたため、
尿道にカテーテルを刺し、排泄が詰まらないように処置しました。

IMG_0597-1024x682

カテーテルが取れないようにカラーと洋服を装着されたあずきさん。
季節によって洋服やカラーも模様替えしました(/・ω・)/

013172

もう20才を超えて超高齢猫となったあずきさん。
たまに痙攣が起きることもありましたが、
それでも食欲などは旺盛で、
特に赤身の肉が入った缶詰が大好きでした★

IMG_8526

↑↑保護当時からあずきの治療記録を欠かさず書き続けたボロボロのカルテ、
 17年間、獣医や看護師があずきのために治療や処置を続けてくれた軌跡です。

IMG_7876

しかし、昨年8月あたりから後肢が動きずらくなり、自力で歩行することが困難になってきました。
リハビリのために少しずつ足を動かしてストレッチさせましたが、
後肢の動きは悪くなる一方でした。

IMG_8488

そして先週から具合が悪くなり、寝たきりの状態となりました。
しかし、食欲はあるらしく、口まで運べば顔をあげてくれて、
少量ずつですがゴハンや水を飲んでくれました。

しかし、容態は回復することなく、
食事の量も減る一方だったので、
点滴装置をつけることになりました。

以前は声をかければ顔をあげたり、
触ると反応をしてくれていたのですが、
14日には、ほとんど反応がない状態となりました。

_MG_2184

そして、5月15日の朝、
あずきは天国へと旅立ちました。

あずきの訃報を以前勤めていた獣医やスタッフにも伝えたところ、
お花を届けてくれました。

IMG_8496

当協会の中では最高齢で、みんなのアイドル的な存在だったあずき♪

ボランティアさん達も駆けつけてくれて、たくさんのお花を頂きました。

IMG_8497

たくさんの人から愛されていた「あずき」、
どうか天国で安らかに眠ってください。

そして、他の動物たちを見守ってね…★

DSC_7960

Share on Facebook