チワワの『平匡(ひらまさ)』とポメラニアンの『風見(かざみ)』です★

みなさまこんばんわヽ(・∀・)ノ

今日は、新しく保護された犬たちの紹介です!

チワワの『平匡(ひらまさ)』さんです!
img_0685【性別】 オス
【年齢】 2014年7月生まれ
【性格】 少し人見知りの性格で、びっくりしやすいけど、
慣れればしっぽを振って近寄ってくれます♪

img_0536平匡さんは少し警戒心が強いため、当会に来た当初は、
ずっとケージの中にこもっていました。

しかし、徐々に慣れてきたのか、ケージの外に出ては匂いをかいだり、
人の手の方に近寄ってきたりと、積極的になってきましたヽ(・∀・)ノ

_mg_0733今では抱っこや散歩もできるようになりましたが、
やはり車通りが激しいところなど、刺激が強いところでは
少し緊張気味になってしまいます。

こうしたデリケートな性格にご理解のある里親さんを募集しております。

つづいては、
ポメラニアンの『風見(かざみ)』さんです!
img_0729【性別】 オス
【年齢】 2014年10月生まれ
【性格】 人が大好きで、いつもくっついて歩いてきます♪
平匡さんとは仲良し♪

風見さんは人に対してもとても積極的に近寄ってきて、
触ってあげると嬉しそうな表情をしてくれます。

しかし、散歩中など、知らない犬に対しては激しく吠えてしまい、
とても興奮した状態となってしまいます。

そこで、いつもお世話になっているドッグトレーナーの先生に
来ていただき、風見さんの吠えの抑制のトレーニングをしました★

_mg_0983コニタンに登場してもらい、ひたすら吠えられる役をしてもらいました。
コニタンは特に犬に対して特に反応しないため、
何のこっちゃという顔で風見さんを見ています。(´・ω・`)

それに対して、風見さんはひたすらコニタンに対して吠えまくる。
しかし、ロングリードで抑えられているので、それ以上は行けない。

_mg_0986こうして諦めて、風見さんが人の方に戻ってきたところを、
たっぷりと褒めてあげる♪

こうした過程を繰り返していき、吠えることに夢中にさせるのではなく、
人に対しても注意を注げるように行動を強化していきます。

_mg_0956
今日のところはトレーニングの成果があり、
少しずつ吠えることが抑制されてきましたが、
まだまだ特訓が必要です★

こういったトレーニングの必要性にもご理解があり、
たくさんの愛情を注げる里親さんを募集しております★

この2匹の名前についてもうお気づきの方もいるかとおもいますが、
現在放送中の大人気ドラマから名前をつけさせていただきました。

そして、ヒロインの『みくり』ちゃんもいます!
img_7410ちょっと肥満気味のチワワですが、愛らしい表情をしています♥

みくりちゃんも里親を募集しておりましたが、
すでに見学に来ていただいた方に里親の話が決まり、
現在トライアルに行く方向で進めております。

小型犬の新メンバーも増えました★
里親希望の方は、月2回開催している里親会へ来ていただくか、
もしくは電話で予約をして直接施設へ見学に来ていただき、
お見合いなどのお話をさせていただきます。

里親になるためには、いくつか条件がございますので、
あらかじめHPで里親になるための条件をご確認の上、
お越しいただければと思います。

【動物福祉検定】はじまります!

みなさまこんばんわ!

当協会では、動物愛護活動を行っている方々や動物福祉に関心のある方々に、動物達の置かれている現状を幅広く知って頂き、動物達により良い環境をつくるための足掛かりとして、【動物福祉検定】を行うことに致しました。

%e6%a4%9c%e5%ae%9a%e8%a1%a8%e7%b4%99

日本は動物愛護後進国と言われて久しく、2000年から動物愛護法の改正が進められていますが、未だに動物愛護は「動物好きが行うもの」という認識が根強くあります。
しかし、動物への福祉は動物の好き嫌いや、個人的な感情や考えで動物に対するものではありません。

動物の生態や習性を学び客観的な判断ができる事が大切ですが、現在の日本では、動物に関心のある方々が率先して学び動物への福祉やその必要性を広げて行かなければなりません。

動物に関わる問題は、単に動物そのものの事でなく、人の生活に密接に関わる部分が多く、動物が人間社会に組込まれているが故の社会的な問題と言い換えることもできます。

動物福祉を進める上では、感情に左右されぬ基礎知識や思考の構築、動物の種による適正な対応、公衆衛生の観点なども含めた学習の必要性から検定を始めることに致しました。

この検定は、初級検定、中級検定を経た後、「動物福祉士」という実践的な指導のできる方々の養成を目標として進めますので、たくさんの皆様にご参加頂けることを願っております。

初級検定のテキストでは、人が扱いを区分している「家庭動物」「畜産動物」「実験動物」「展示動物」「野生動物」を中心にそれぞれの状況について紹介を致します。

当会HPにて、動物福祉検定の申込サイトが作成されましたので、
検定の詳細や申し込みについては、そちらをご参照ください。
↓↓
http://www.kspca.jp/kentei/kentei.html

動物福祉という言葉はまだまだ一般には浸透しておりませんが、
動物たちの幸せな暮らしを実現していくためには必要な分野となります。

受験料にはテキスト代も含まれておりますので、
動物福祉について詳しくない方でも、一から学ぶことができます。

%e6%a4%9c%e5%ae%9a%e3%80%80%e7%9b%ae%e6%ac%a1テキストは動物福祉の入門書としても読みやすく、
また注釈などで専門的な項目についても書かれているので、
とても読み応えのある内容となっております。

記念すべき第一回目の試験は、2017年2月5日(日)です!
チャレンジの一歩として、動物福祉を勉強するきっかけとして、
この機会にぜひ、動物福祉検定をLet’s tryヽ【・ω・】ノ

多くの方のご参加をお待ちしております★

いつもご支援ありがとうございます★その②

ブログをご覧いただき、ありがとうございますm(_ _)m

以前もブログにて、いつもいただいている物品のご寄付について
報告させていただきましたが、今回もこの場を借りてご報告させていただきます。

当会で保護されている動物たちの中には、
病気などの治療中の子もいるため、
ゴハンを普通のドライフードではなく、
処方食を与えていることが多くなっております。

もちろん、処方食は普通のゴハンよりも値段が高いため、
簡単には購入することができませんが、それでも当会で保護されている
動物たちの健康状態や暮らしを考えると、処方食の消耗が激しくなってしまいます。

その他にも、子猫も大きくなり食欲たっぷりの成長期のため、
子猫用のドライフードなども消耗が激しくなってきております。

在庫がなくなりそうになると、当会のHPにある、
Amazonほしいものリスト』にて、現在動物たちが必要としている
物品を更新し、公開をしております。

先日も、子猫用のドライフードをほしいものリストに追加したところ、
すぐさま物品のご寄付が届きました!
img_0592ありがとうございますヽ(^o^)丿
現在、子猫は10頭保護されており、みんなスクスク育っております★

この他にも、何名の方からも同じようにフードやその他のご寄付をいただきました。

img_0588前回、離乳食を与えていた子猫たちも、おかげざまでだいぶ大きくなりました!
↓↓
img_7413兄弟たちで4匹で鍋に入り、ぎっちりネコ鍋です(=^・・^=)
今では離乳が終了し、ドライフードもガツガツ食べてくれています。
もう少しすればワクチンも接種し、里親会の方にも参加できますので、
またあらためて子猫たちの紹介はさせていただきます。

また、冬が近づいてくるため、カイロのご寄付を追加したところ、
それもすぐさまご寄付をいただきました。
img_0590見ているだけで暖かくなりそうなホッカイロ(^^)
動物たちの毛布やケージ内などに使わせていただきます♪

また、新たに犬の飼育環境を整えるために、
仕切り用のゲートを追加したところ、こちらもご寄付をいただきました★
img_0593ちょっと取り付けに苦戦しましたが、どうにか完成いたしました!
img_0578
扉が無いくぼんだスペースが、おかげさまで一つの部屋になりました(^^♪
ありがとうございます。

このほかにも、たくさんのご寄付をいただいております。
すべてをご報告できず申し訳ありません。

ご寄付を頂いた方にはお礼状を差し上げておりますが、
匿名で送られている方もいらっしゃるので、
この場を借りてお礼を申し上げさせていただきます。

簡単な報告となってしまいましたが、
いただいた物品は大切に、動物たちのために
使わせていただいております。

今後とも、当会の活動へのご理解と応援を、
よろしくお願い致しますm(_ _)m

 

『2017年オリジナルカレンダー』発売開始★

みなさまこんにちわ★
もう11月ですね!徐々に年末に近づいております。

さて、昨年にも発売され好評だったオリジナルカレンダーが、
いよいよ2017年版が完成しましたヽ(・∀・)ノ☆

今回も、動物たちの写真がメインとなったカレンダーで、
1~12月まであり、月ごとにめくる形となっております!
img_7370お気づきの方もいるかと思いますが、
今回のカレンダーの動物たちの写真は、
今年の8月に開催された写真展の『ベストショットコンテスト』
において上位となった写真が選ばれております!

img_7362今年の写真展のテーマが四季をイメージしたこともあって、
カレンダーの季節と写真がいい感じにマッチしております♪

img_7361他にも、動物たちのかわいい写真や、迫力のある写真などが、
カレンダーに登場しております!
譲渡が決まったあさり・未来・しじみの写真もありますよ★

自分たちで印刷しているため、手作り感満載なグッズですが、
精一杯作りましたので、ぜひご購入をお願いしますm(_ _)m

値段は、一個800円となっております。
ご購入されるの方は、お手数おかけしますが、
当会HPのオリジナルグッズ注文フォームより
お問い合わせください。

たくさんの方に当会の動物たちを知ってもらいたいので、
ぜひ周りの方にもオススメくださいヽ(*´∀`)ノ♪

悲しいお知らせ。『もーちゃん』

みなさまこんにちわ。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

ご報告が遅くなってしまいましたが、
先週の日曜日に、当会で保護しているダックスフント
『もーちゃん』が亡くなりました。

IMG_1652もーちゃんは16才という超高齢犬のダックスフントで、
飼い主さんが、高齢で入院したために手放すことになり、
今年の4月に保護されました。

dscf610216歳という超高齢のため、やはり年相応に体力も衰えており、
日中はずっと毛布で丸まって眠っていることが多かったです。

しかし、お散歩に連れ出すとゆっくりと歩き出し、
周囲をウロウロして匂いを嗅いだり、散策をしていました(´∀`)

亡くなる数日前も、カートに乗せて公園まで連れて行き、
広場で遊ばせました。

_mg_0253カートの中でも毛布にくるまっているもーちゃん♥

_mg_0257ゆらりゆられて、近くの公園まで♪
他の犬たちも一緒に連れて行きました!

_mg_0278公園に着くなり、さっそくもーちゃんの探索が始まりましたヽ(・∀・)

一緒に来たまさじいにしつこく近づかれるも、気にしない様子★
高齢になっても、やっぱりお散歩は楽しいものなんですね♪

しかし、先週あたりからもーちゃんの食欲が低下していき、
また便の調子も悪くなったことから、
当会の病院施設の方で治療がはじまりました。

img_7243意識もはっきりしない状況になってきたため、
入院となり、点滴や獣医さんによる処置が行われました。

一時的には意識が戻ってきたものの、
やはりそれ以上は回復することはできず、
10月30日に亡くなりました。

img_7288当会で保護されて亡くなった動物は、一頭一頭、
火葬をお願いしてお骨にしています。

img_7286本当に、眠ったような姿のため、声をかければ
起きてくるんじゃないかと思ってしまうほど。

お花や、もーちゃんが好きだった缶詰フードで似顔絵を作った
ものを一緒に入れさせていただきました。

譲渡という形ではなく、こういった形でのお別れになってしまい、
とても残念です。
でも、短い間でしたが、当会のスタッフやボランティアさんたちにも
かわいがってもらい、幸せな時間を過ごすことができました。
もーちゃんも、そんな風に思ってくれてたらいいなぁ。

もーちゃん、天国でいっぱい走り回るんだぞ!
dscf5889